任意整理とは?そのメリットとデメリット

「任意整理」という手続きは貸金業者と交渉を行う事により借金をしている額を減額させる事を目的としているため、支払いに関する計画が整えられるまで猶予が受けられるようになるので、当月の支払いが間に合わないという事例では重宝し利用する価値がありますが良い事のみではありません。

それはいくつものデメリットがある様子が関係しており、中でも任意整理後は今後およそ5年間信用情報機関に事故情報が掲載されその期間はローンを組んだり新規借り入れ、クレジットカードの使用が不可になるのは重大かつ不便性が高いです。

信用情報機関というのは民間の組織で全国に5社が点在しているのですが、サラリーマン金融や信販会社も加盟しており顧客情報を逐一登録しています。

加盟者同士がネットワークで繋がり合っているような様相になっている事から、たった一社で返済が滞ってしまったという場合でも信用情報機関に情報が登録されてしまい、すぐに他の金融業者も見る事が可能になってしまいます。

故に別の会社でクレジットカードを作ろうとしても審査の手順の中で信用情報機関の情報を照らし合わせるとすぐに判明してしまい審査に落ちますし、現在所有しているカードがたとえ有効期限を過ぎていなくても利用が停止されてしまう恐れも高いです。

任意整理は個人再生や自己破産と混同して捉えられる事が多いのですが、実は明瞭な違いがある手続きでありそれらと比較した場合は即座に借金を減額したいという希望が叶えにくいです。

過払い金が生じているのなら見込みがありますが、そうではない場合だと借金が全て無くなったり個人再生を実行した時のように、借金額が5分の1になるといった大きな減額は期待できません。

つまり、任意整理というのは全額もしくは一部が強い効力により免除して頂けるという手続きではない事から、あくまでも話し合いにより減額してもらうという様子になるので、最終的には分割で返済していく事になり大きな経済的な負担を避ける事は不可です。
尚且つ、そのように返済する事が前提であるという事は当然収入源が無ければ制度の利用はできないので、収入が無いのなら自己破産をするしかありません。

このように任意整理は基本的にデメリットが多いものですが、少なからずメリットもあり共通しているのは精神的な負担が軽減させられる点です。

弁護士が介入する事から業者から直接的に催促の連絡が入らなくなりますし、取り立ても解消される上に裁判所を通さないので官報に載る事も避けられます。

気軽に借金返済